iizukak の雑記

忘れる前に書いとこう

macOS への SDL 2 のインストール方法

環境 macOS 10.13.6 clang Apple LLVM version 9.0.0 (clang-900.0.39.2) SDL: 2.0.8 SDL_image: 2.0.3 SDL_ttf: 2.0.14 SDL 本体 SDL は本体と SDL_Image や SDL_ttf といった周辺ライブラリが分離されていて、必要なライブラリだけインストールできるよう…

Maker Faire Tokyo 2018 で、"ピクセル化装置" を展示します

なにか Maker Faire Tokyo 2018 で、ピクセル化装置というものを展示します。何なのかというと、 Raspberry Pi で、 Web カメラの画像を、 LED マトリクスにリアルタイムで表示する装置です。 装置の詳細 Github に記載してあるのでそちらを御覧ください。 …

ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ[ARM版] 翻訳誤り一覧

いわゆる「ハリス&ハリス本」の ARM 版 の評判が良いようなので読んでみました。組み合わせ回路と順序回路の解説から始まり、HDL の導入、ARM のマイクロアーキテクチャの紹介、HDL を用いたシングルサイクルの ARMv4 サブセットの実装と実に盛りだくさんの…

FB08 CPU 製作記 [03 - データフロー図]

それほど進んでいないのですがメモしておきます。まず、現状のデータフローを図に書き起こしました。それが以下です。 先週からいくつか差分があります。 SHIFTR, SHIFTL 命令を廃止しました IC 数を減らす(アキュムレータのバスドライバがなくて済むように…

FB08 CPU 製作記 [02 - 大雑把な設計]

前回に引き続き、FB08 CPU の設計について。 設計の進んだ分をメモしておきます。 データバス幅を 8bit とした 前回までは 4bit 幅にしようと思っていましたが、8bit にしたところで言うほど回路の複雑度が増さない & IC 数も増ええない & 8bit にすると実装…

2017年の当面の目標。CPU 作りについて

去年「CPUの創りかた」を読んで、実際に TD4 (この本をまるまる一冊かけて解説されている CPU ) を実装してみたところ、これがなかなか面白い体験でした。それからというもの、「コンピュータアーキテクチャのエッセンス」などを読んで、CPUについて思いを馳…

HD44780 キャラクタ液晶を、LiquidCrystal ライブラリ無しで使う

Arduino でキャラクタ液晶を使う場合は、LiquidCrystal という Arduino IDE 付属のライブラリを使うのが一般的ですが、ライブラリなしで使ってみようという試みです。 キャラクタ液晶には、だいたい HD44780 互換コントローラが乗っています。記事後方のスク…